自己アピールの方法

転職活動における面接では、新卒採用の面接で言うような自己アピールが、ほとんど評価されないどころか印象が悪いケースがあります。新卒採用の面接では、学校やアルバイトで自身がどのような活動をしてきて、その間にどれだけの頑張りを見せたかという事を言う人はたくさんいます。採用側も、相手の人柄や適正を見る上で、こういった事を参考にしたり、評価の基準とするでしょう。ですが、転職活動の面接では、会社側はこれらの話に対しては、それほど魅力を感じません。

だいたいの場合は、会社が求める人物像とはかけ離れている、といったイメージを与えてしまいます。

その理由は、中途採用として、就職希望者の中から雇用する人を選ぶ時、企業は少なからず相手がすぐに戦力になる事を求めます。いままでの仕事の中で、どんな事を頑張ったか、企業のどこに興味があるか、といった話では、会社にとって必要な人材なのかどうかがほとんど伝わりません。ですから、転職の面接に挑む時は、前々から、必ずその企業の情報を事細かに調べておく事が必要です。

まず、スタッフの数と年齢層、どのような環境の職場で、どのような人が評価されている会社なのかを見ておきましょう。企業にもよりますが、インターネットの検索で評判を検索する事もできますし、職業紹介所やハローワークの担当者に質問するのもよいでしょう。

友人や知り合いにその企業について詳しい人がいないか、いろんな伝手を使って情報を得ましょう。あとは、募集情報にも企業の求める社員像の記載がないか、ちゃんと確認しましょう。

このような、企業の欲しがる人物像をちゃんと理解して、自分がそのような仕事をする人間であるという事を可能な限り話す事が大切です。ただ、採用される為に、無理をしては行けません。自身の素直な姿と、会社の求める人物像が重なるような会社を探しましょう。会社がどんな人材を求めているのかそういった視点で考えてみるといいですね。

BLOG PARTS